スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

SDA王滝2017春に参加してきた

今年も春王滝100kmに参加してきた。
今年の目標は、タイム最大目標は6:30切り、最低目標は昨年上回ること。

朝6時からレーススタートだけど、自転車を並べるのは4時半から。
4時前には自転車をスタートゾーンの近くに置いておいて、4時半と同時に前の方に自転車を並べることに成功。

朝方は寒かったけど、日中は間違いなく暑くなるだろうなぁという感じの好天の中レーススタート。
松原スポーツ公園をスタートし、最初4kmは舗装路をローリングスタート。
ここは集団走行、斜め後ろを走ってた人に接触されて、危うく転倒しかけるが何とか持ち直す。
舗装路区間でこけたらアホすぎるので、こけなくてよかった。

オフロード区間に入り、6km450upの長い登り、集団前方で登り始めたけど、マイペースで抜かれながら走る。
先は長いので登りは終始無理せず、下りは下手すぎて無理できず。
アップダウンを繰り返し、33km地点のCP1に到着し、ボトルに水補給。

CP1~CP2は長い上り下りはなく、平坦区間もあり比較的難易度低い、とはいえしんどいけど。
50km地点で経過時間3時間38分。昨年とほぼ同じペース。
63km地点のCP2はパス。

CP2過ぎてからは結構長くて難易度も高い下り。
下りの衝撃で腕がやられて踏ん張りがきかず、自然と早く下れなくなってくる。
続いては3km230pu、インナーローでもしんどいガレガレの上り、もうふらふら。
75km地点CP3で水分補給、ここで経過時間5時間25分、逆算すると自己記録達成までぎりぎり。

最後の登り、ここも勾配きついが、インナーローで淡々と登る。
登り切ったところで経過時間6時間32分、何とか記録達成できそう。
最後も安全に下ってゴール、6時間51分29秒、何とか昨年を上回ることはできた。

とりあえず昨年を上回るという最低目標だけでも達成できたのはよかった。
冬場はロードの練習を結構積めてたんだけど、2月ぐらいからはあまり練習ができず、
身体のパフォーマンスがあまり上がっていなかった。
その一方、去年一度走り、コースが少しわかっていることのメリットは大きかった。
今年タイムを多少でも伸ばせたのは、去年走ってたおかげだと思う。

以下、気付いたことを記録。


・走り関係
昨年は登りではサスをロックさせてたけど、今年は直前に見た國井さんのブログを参考に、
サスをロックさせずに登ってみたところ、確かに体への衝撃は少なく、こちらが正解だった。
長い上りでは腰が痛くなってくるため、比較的路面状況良いところで意識的にダンシングを使った。

・装備関係
フロントバッグ・・・スマホ、車のキー、アミノバイタルクエン酸チャージ×4、ショッツ×2、梅丹×1
サドルバッグ・・・チューブ×2、タイヤブート、パンク修理パッチ、CO2×2、携帯工具、チェーンカッター
          コネクトピン×2、タイヤレバー
背中ポケット・・・左側ショッツ×3メダリストジェル×1梅丹×1、右側ショッツ×4メダリストジェル×1
          真ん中ポケットはゴミ入れ用に物を入れず
ボトル・・・アミノ倍ガルクエン酸チャージ×1、水×1
今年も体に負担かかることを考え、ハイドレーションは背負わなかった。これは大正解。
塩分タブレットを持ってくのを忘れたのは痛恨だったが、走りには影響しなかったと思う。

・機材関係
レース1か月前に、タイヤをマキシスのアーデントに交換。シュワルベのロケットロンより、路面への喰いつきがいい気がする、
空気圧・・・前後とも1.8気圧。昨年の2.0より心持ち下げる、これも正解だったかな。
トップチューブ下には、泥除けを装着、泥除けが付いてないところには養生テープを貼ってフレームを保護。
スポンサーサイト

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

堺浜クリテ第4戦(スポ2、13位)

堺浜クリテ、スポーツ2で今年3回目の参加。1キロ弱を11周。前回マトリックスの直後で意地を張りすぎて、途中しんどくなって失敗した。反省を踏まえて、今回は10番手以内ぐらいをキープして最後まで走ること、勝負所のしんどいところを耐えることを、事前に心がけてレースに臨む。
上記の計画通りにレースは進む。心拍は上がってるけど、言うほどしんどくない。ラスト2周でアウト側からスクアドラのトレインが上がって来たのでそこに便乗して、最終周回入るところでは6番ぐらいにつける。バックストレートでスクアドラと私のトレインはイン側、被せてくる集団はアウト側から来て、スクアドラのトレインに勢いを感じなかったので、アウト側に乗り換えようとするも中途半端になり行き場をなくしてしまった。ここで他力本願ではなく、自力で一旦前に出たら結果は違ってたんだろうけど。あとはラスト少しもがくも、脚、心肺とも余裕を持ってのゴール。
今回はラストまではほぼ理想的に走れてただけに、最後失敗して、結果を残せるチャンスを逃した感が半端ない。
これで春のロードのレースは終わりかなぁと思ってたけど、中途半端感があるので、次回の堺浜も出ようかと思う!

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

けいはんなサイクルレース C3

けいはんなサイクルレースに参加してきました。
7月中旬にユーロのチーム練に復帰して、ここを目標に練習をがんばってきました。
レースは1年半ぶり、キチンと練習してレースに出るのは3年ぶりぐらい。
直前のC2のレースで骨折してる人いたりカーボンフレーム真っ二つになってたりでかなりビビりが入るも、
目標は、結果よりもまずは安全に走りきること。

レーススタート、集団のペースが遅いのか、走っててあんまりしんどい感じはしない。
以前走っていた実業団レースに比べたら、集団が明らかにスカスカで位置取りも全然楽にできる。
これは結構いい感じかも、と自分の中に少し期待感が。
そしてラスト2周目のホームストレートの下り、ガラ空きの集団左側から位置取りをグングン上げる。
が、第1コーナーひとつ手前の交差点をコーナーと勘違いして減速してしまい、
せっかく上げた位置取りを大きく下げてラストラップに突入。
バックストレートでも少し位置を上げるも前には行けず、今日はあかんなーと悟る。
ちょうど苦しくなった勝負所の坂で踏むのをやめて、あとはダダ抜かれ。
安全に流して帰ってきた。

まずは落車なく無事に走り切れて良かったです、でも凡ミスのせいで勝負所で前の方に居られなかったのは反省。
ミスが無かっても自分の今の力的に、結果はあまり変わってなかった気がするが。
自分的には比較的冷静かなぁと思ってたけど、コース勘違いして踏みやめたり、
久々のレースでソワソワして周りが見えず、心が落ち着いてなかったかも。
心拍数が上がりまくってる割には、体力的には全然楽だった。
次回のレースでは勝負所でキッチリ良い位置に居て、最後まで出し切りたい。

<リザルト>
61/120位
先頭から約24秒差

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

SDA王滝2016春に参加してきた

もはや忘れ去られてたかの、3年2か月ぶりの自転車ブログの更新。
5月22日に、2016年春のセルフディスカバリー王滝100kmに参加してきました。
今回初参加するにあたり、いろんな人の王滝ブログを見て参考にさせてもらっていたので、
この記事を書くことで誰かの役に立てないか&自分の記録も残したいので、久々に更新することにしました。

怪我やモチベーションの低下もあって、今年からロードの実業団登録はやめたけど、何か頑張りたい!!
ってことで、新たに挑戦した今年からチャレンジしてるMTB。
MTBでオフロードを100km、獲得標高2500mの、最も過酷と言われてる王滝は、チャレンジには十分すぎる!!
初参加で、MTBイベント経験もほとんどないので、目標は特に設けず、とりあえず頑張るってことで、、、
当日は快晴、熱いけど高原だし5月の暑さなのでたかだかしれている、最高のコースコンディションでのレーススタート。

朝6時からレーススタートだけど、自転車を並べるのは4時半から。
前のほうに自転車を並べたほうが、レース序盤で前が詰まらないみたいなので、4時ぐらいには自転車を並べに行く。
そこそこ前の方でレーススタート、最初4kmはローリングスタートで、そこでも位置取りを上げる、そして林道のリアルスタート。
最初の林道約8kmの上りは、前が詰まらないように、必要以上に頑張ったおかげで、結構前の方で登りをパス。

ここ数カ月MTBの諸先輩方から学んだのは、MTBで悪路を速く走るには、路面をよく確認して、
効率よく走れるルートを探すこと、地脚を高めたら純粋に速くなれるロードとはまた違う難しさ、、、
登った後の最初の約3kmの下り、登りは前の人のルートをトレースしたらそこそこ速く走れたけど、
下りは余りに怖くて、前の人をトレースするどころか、ビビりが入ってひたすらに抜かれまくる。
最初の下り、自慢ではないですが、大勢の人に抜かれたけど。私は一人も追い越すことはありませんでした(笑)

そんなこんな登りは頑張り下りはビビりで、で約33km地点の第一チェックポイント到着。
実はそこからどんなコースだったかは、記録を書けるほどにはよく覚えてないんですが、登りも下りもとにかくガレガレ。
登りはマイペースで登り下りはビビり、路面状況がよい平坦は、元ロードススピードマンの経験を活かしてひたすらに踏みまくる。
3つ目の下りぐらいで、下りの最適コースが少し見えてきて、多少はこましな下りが出来るようになってくる。
50km地点で3時間40分ぐらい、後半は下り基調なので7時間切りが視野に入ってきたので、それを目標に頑張る。

レース後半になってくると、下りの衝撃で脚も腕も力入らなくなってくるので、下りのスピードも激落ち君。
集中力も徐々に途切れてきて、登りでも路面の最適ルートを探すのが難しくなってきて、スピードも上がらない。
ラストの80km過ぎの最後の上り坂、斜度もきつく、最適ルートが全く見えず、ルートミスで何回か脚を着く、もう限界。
最後の登りを登り来た時点で6時間半、残りの下りをがんばったらなんとか7時間切りは見えてくる。
王滝前にリサーチしてたいろんなブログ曰く、最後の下りは超楽しくて極上スイートって書いてたんだけど、
下りが苦手の私にとってはどこが極上スイートかわからん、単なる恐怖しか感じなかったんですが、、、
とはいえ、安全マージンを十分に取りながらも、極力早く下れるように頑張る。
そしてゴール、6時間56分、レース中盤でたてたタイム目標は達せすることができました、満足!!


☆SDA王滝春100km結果
タイム   6時間56分01秒
順位    総合順位182位(30代男子56位)


初挑戦にしては結構頑張れたのではないかと思います。
そして、メカトラも落車もなく、十分に安全マージンを取って走りきることができました。
でも、上り下りのオフロードスキルの不足、ロードで登録して走ってた時と比べての大幅な体力の低下、
その2つの問題点を徐々にでも上げていけば、次回参加時には大幅にタイムを短縮できるのかなぁと思いました(^_^;)

あと、機材関係の備忘録。
トップチューブ下には、泥除けを装着、泥除けが付いてないところには養生テープを貼ってフレームを保護。
ハイドレーションバッグは結局背負わず、水分補給はボトル2本差のみ、これは大正解。
途中3か所のCPでボトルに給水は可能だし、ロードで手放しでボトルから水が飲めるなら、ボトル給水だけで十分かなと。
リュック背負ったら肩や腰に負担がかかり、逆に体力面で問題が出てくるような気がしました。
あと、走行中にサドルバッグのファスナーが徐々に開いてきてしまったみたいで、携帯工具一式をコース上に落とす。
おそらく下りの衝撃のせいだと思うけど、サドルバッグにパンパンに物を入れてたからかも(-_-;)
レース中の栄養補給、アスリチューン×1、ショッツ×2、パワージェル×2、スポーツようかん×2、アミノバイタルゼリー×1
水分補給は700mlボトル×3ぐらい、エレクトロライトショッツタブレット入り。

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

10/14(日)実業団美浜クリテリウムに参戦

最近はレースレポしか更新してないこのブログ。
(正確には先週の岡山エンデューロ@優勝の更新もしていないが、、、)

10/14(日)に愛知県知多半島で開催された実業団美浜クリテに参加してきた。
レースは35分+2周回。
コースは1周3.75kmで、そこそこの距離の緩勾配で狭路の登り、道幅が広い下り、
最終の直線は1.5kmと長く道幅も広い、直角コーナー4つを含む比較的単純なコースレイアウト。
注意すべき点は、狭い登りでの中切れと、最終長い直線でのスプリントの位置取り。

レーススタート、1周目の最終の直線で、いつものごとく気合を入れる為500m程逃げる。
3~4周目の登り区間で落車発生で恐れてた中切れ発生も、下り区間で頑張って追いつく。
登り下り、平坦区間やコーナー等、最後の勝負どころに向けて色々走り方を試しながら走る。

最終周回、登り区間でスピードが上がる。
前がボロボロ落ちてくる中で位置を上げることに成功。
下り区間、最終コーナーも無難にこなして、先頭が見える位置でラストの直線を迎える。
ラストの直線は長いから、ペースはそこまで上がらず牽制状態、
少しづつ位置取りを上げて、ラスト300~400mで絶好の4番手に付けることに成功!!
「これはいける!!」ってのが頭によぎる(笑)
スプリント力に劣る私はアタックしてロングスプリントで逃げ粘るのが最良の策だったはず。
が、ここで少し躊躇もあったし行き場を失ってたのもあって、アタックはできず(>_<)
これが1つ目の失敗。

そしてラスト200mぐらいからの集団スプリントを4番手で迎える。
ラスト30mぐらいまでは4番手をキープ、
「入賞して何とか賞状は持って帰れるかな~」って思ってたら右から左から抜かれる。
集団スプリントで見事に沈んでまいました(>_<)

ゴール前での私の持ってるペダリングスキルは2種類。
踏む系のロングスプリントと、回す系の短距離スプリント。まぁどっちも拙いんですが、、、
今回の集団スプリントでは、回す系を選択すべきが、踏む系のスプリントをしてしまっていた。
後でガーミンのデータ見てもケイデンス全然上がって無かったし、、
これが2つ目の失敗。
普段のチーム練でも得意なロングスプリントばっかり練習してたもんな~
集団スプリントに対する対する練習・備えが全く足りてなかった(>_<)

☆E3 決勝2組 結果
順位     9位/70人
周回数    9周回
平均時速   40.28km/h
トップとの差 0秒


今回は3位以内に入れるチャンスは十分あったけど、「運悪くチャンスを逃した」のではなく、
今までレースに数多く出てるものの勝負所に絡む経験も今まで少なかったし、
勝負勘の悪さ、更にはそれを想定した練習をしてこなかったのが負けた原因なのではないかと、、
俺の位置取りだったら、監督やグッチーなら必ず結果を出せてただろうな~って思うし、、、

とはいえ、貴重な体験が出来たので、次に活かせて行けたらな~って思う。
今年のレースは美浜で終了予定だったんだけど、調子は良いだけにもったいない気もする。
幕張クリテどうしようかな~行きたいけど、遠いからちょっと迷い中、、、

コメントを見る(0)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

プロフィール

たいやきくん

Author:たいやきくん
自転車レースに出場するたいやきくんの練習blog。練習サボらないためにも毎日の練習内容を公開します。EURO-WORKS Racingより実業団レースに参戦中!!

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

twitter

フォローしてちょ
    follow me on Twitter

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    フリーエリア

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。