スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

SDA王滝2016春に参加してきた

もはや忘れ去られてたかの、3年2か月ぶりの自転車ブログの更新。
5月22日に、2016年春のセルフディスカバリー王滝100kmに参加してきました。
今回初参加するにあたり、いろんな人の王滝ブログを見て参考にさせてもらっていたので、
この記事を書くことで誰かの役に立てないか&自分の記録も残したいので、久々に更新することにしました。

怪我やモチベーションの低下もあって、今年からロードの実業団登録はやめたけど、何か頑張りたい!!
ってことで、新たに挑戦した今年からチャレンジしてるMTB。
MTBでオフロードを100km、獲得標高2500mの、最も過酷と言われてる王滝は、チャレンジには十分すぎる!!
初参加で、MTBイベント経験もほとんどないので、目標は特に設けず、とりあえず頑張るってことで、、、
当日は快晴、熱いけど高原だし5月の暑さなのでたかだかしれている、最高のコースコンディションでのレーススタート。

朝6時からレーススタートだけど、自転車を並べるのは4時半から。
前のほうに自転車を並べたほうが、レース序盤で前が詰まらないみたいなので、4時ぐらいには自転車を並べに行く。
そこそこ前の方でレーススタート、最初4kmはローリングスタートで、そこでも位置取りを上げる、そして林道のリアルスタート。
最初の林道約8kmの上りは、前が詰まらないように、必要以上に頑張ったおかげで、結構前の方で登りをパス。

ここ数カ月MTBの諸先輩方から学んだのは、MTBで悪路を速く走るには、路面をよく確認して、
効率よく走れるルートを探すこと、地脚を高めたら純粋に速くなれるロードとはまた違う難しさ、、、
登った後の最初の約3kmの下り、登りは前の人のルートをトレースしたらそこそこ速く走れたけど、
下りは余りに怖くて、前の人をトレースするどころか、ビビりが入ってひたすらに抜かれまくる。
最初の下り、自慢ではないですが、大勢の人に抜かれたけど。私は一人も追い越すことはありませんでした(笑)

そんなこんな登りは頑張り下りはビビりで、で約33km地点の第一チェックポイント到着。
実はそこからどんなコースだったかは、記録を書けるほどにはよく覚えてないんですが、登りも下りもとにかくガレガレ。
登りはマイペースで登り下りはビビり、路面状況がよい平坦は、元ロードススピードマンの経験を活かしてひたすらに踏みまくる。
3つ目の下りぐらいで、下りの最適コースが少し見えてきて、多少はこましな下りが出来るようになってくる。
50km地点で3時間40分ぐらい、後半は下り基調なので7時間切りが視野に入ってきたので、それを目標に頑張る。

レース後半になってくると、下りの衝撃で脚も腕も力入らなくなってくるので、下りのスピードも激落ち君。
集中力も徐々に途切れてきて、登りでも路面の最適ルートを探すのが難しくなってきて、スピードも上がらない。
ラストの80km過ぎの最後の上り坂、斜度もきつく、最適ルートが全く見えず、ルートミスで何回か脚を着く、もう限界。
最後の登りを登り来た時点で6時間半、残りの下りをがんばったらなんとか7時間切りは見えてくる。
王滝前にリサーチしてたいろんなブログ曰く、最後の下りは超楽しくて極上スイートって書いてたんだけど、
下りが苦手の私にとってはどこが極上スイートかわからん、単なる恐怖しか感じなかったんですが、、、
とはいえ、安全マージンを十分に取りながらも、極力早く下れるように頑張る。
そしてゴール、6時間56分、レース中盤でたてたタイム目標は達せすることができました、満足!!


☆SDA王滝春100km結果
タイム   6時間56分01秒
順位    総合順位182位(30代男子56位)


初挑戦にしては結構頑張れたのではないかと思います。
そして、メカトラも落車もなく、十分に安全マージンを取って走りきることができました。
でも、上り下りのオフロードスキルの不足、ロードで登録して走ってた時と比べての大幅な体力の低下、
その2つの問題点を徐々にでも上げていけば、次回参加時には大幅にタイムを短縮できるのかなぁと思いました(^_^;)

あと、機材関係の備忘録。
トップチューブ下には、泥除けを装着、泥除けが付いてないところには養生テープを貼ってフレームを保護。
ハイドレーションバッグは結局背負わず、水分補給はボトル2本差のみ、これは大正解。
途中3か所のCPでボトルに給水は可能だし、ロードで手放しでボトルから水が飲めるなら、ボトル給水だけで十分かなと。
リュック背負ったら肩や腰に負担がかかり、逆に体力面で問題が出てくるような気がしました。
あと、走行中にサドルバッグのファスナーが徐々に開いてきてしまったみたいで、携帯工具一式をコース上に落とす。
おそらく下りの衝撃のせいだと思うけど、サドルバッグにパンパンに物を入れてたからかも(-_-;)
レース中の栄養補給、アスリチューン×1、ショッツ×2、パワージェル×2、スポーツようかん×2、アミノバイタルゼリー×1
水分補給は700mlボトル×3ぐらい、エレクトロライトショッツタブレット入り。
スポンサーサイト

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

たいやきくん

Author:たいやきくん
自転車レースに出場するたいやきくんの練習blog。練習サボらないためにも毎日の練習内容を公開します。EURO-WORKS Racingより実業団レースに参戦中!!

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

twitter

フォローしてちょ
    follow me on Twitter

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    フリーエリア

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。